TCB式1dayクイックアイのダウンタイム当日・施術・二重完成までの過ごし方をまとめ!

この記事では、TCB式1dayクイックアイのダウンタイム当日・施術・二重完成までの過ごし方を紹介しています。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイム期間は一般的に1〜2週間程度で、術後2日間を経過するとメイクも可能になります。

ダウンタイム中は、基本的に日常生活を過ごすことが出来、術後数日間は保冷剤や凍ったタオルで患部を冷やすと、ダウンタイムを抑えられます。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムについて詳しく知りたい方はこの記事を、すぐに予約をしたい方は、公式ホームページから予約をおすすめします。

目次

TCB式1dayクイックアイのダウンタイム期間

TCB式1dayクイックアイのダウンタイム期間は、個人差や施術内容によって多少異なりますが、一般的には以下の通りです。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイム期間
  • 術後1〜2日は、腫れや内出血がピークに達します。
  • 1週間程度で、腫れや内出血がほぼ落ち着きます。
  • 2週間程度で、日常生活に支障のない状態になります。

施術直後は腫れがピークとなり、その後徐々に引いていきます。目立たない程度まで治まるには、3~7日程度かかります。

まれに内出血が生じる場合がありますが、メイクで隠せる程度のものが多いです。完全に消えるまでには、1~2週間程度かかります。

施術直後には痛みを感じる場合がありますが、1~2日程度で治まります。まぶたに違和感を感じる場合がありますが、1~2週間程度で慣れます。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムの過ごし方

TCB式1dayクイックアイは、ダウンタイムが短い二重整形メニューですが、施術後は腫れや内出血などの症状が現れるため、適切な過ごし方が重要です。

以下、ダウンタイム期間中の過ごし方について詳しくご紹介します。

1. 冷やす

施術直後は、まぶたを冷やすことで腫れや内出血を抑えることができます。1回15分程度、1日に3~4回程度、清潔なタオルや市販の冷却シートなどで冷やしましょう。ただし、冷やしすぎは血行を妨げるため、注意が必要です。

2. 安静にする

激しい運動や目をこするなどの行為は、腫れや内出血を悪化させる恐れがあります。施術後はできるだけ安静にし、目を酷使しないようにしましょう。

3. 睡眠をしっかりとる

睡眠不足は、腫れを悪化させる恐れがあります。ダウンタイム中は、いつもより少し長めに睡眠をとるように心がけましょう。

4. 食事・水分を控える

アルコールや刺激物は、血行を促進し、腫れや内出血を悪化させる恐れがあります。また、塩分の摂り過ぎもむくみの原因となるため、控えた方がよいでしょう。水分はこまめに摂取する必要がありますが、アルコールやカフェインを含む飲料は控えましょう。

5. メイク

施術直後は、メイクは控えた方がよいでしょう。どうしてもメイクをする必要がある場合は、まつ毛メイク程度にとどめ、アイシャドウやアイライナーは控えましょう。また、クレンジングは刺激の少ないもので、優しく行うようにしましょう。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムは、適切な過ごし方をすることで、快適に過ごすことができます。ダウンタイム前に医師によく相談し、注意事項を理解しておきましょう。

TCB式1dayクイックアイで二重が完成するまでの期間

TCB式1dayクイックアイで二重が完成するまでの期間は、個人差がありますが、一般的には3ヶ月〜半年程度です。

これは、まぶたの腫れや内出血が完全に落ち着き、糸が安定するまでの期間です。

少し時間がかかるように思いますが、他の施術と比べると大変短い期間となっています。

腫れと内出血の治癒
  • 腫れ: 目立たない程度まで治まるには、3~7日程度かかります。
  • 内出血: メイクで隠せる程度のものが多いですが、完全に消えるまでには1~2週間程度かかります。
二重ラインの定着
  • まぶたの状態や施術内容によって異なりますが、2~3ヶ月程度かかります。
  • 最初は二重のラインが薄く、左右差がある場合がありますが、徐々に自然な二重まぶたに落ち着いてきます。
完全な仕上がり
  • 腫れや内出血が完全に治まり、二重ラインが安定するまでには、3~6ヶ月程度かかります。

TCB式1dayクイックアイは、ダウンタイムが短い二重整形メニューですが、それでも二重が完全に完成するまでには数ヶ月かかることを理解しておくことが大切です。

1ヶ月目

  • 腫れや内出血が徐々に引いていきます。
  • 二重のラインが薄く、左右差がある場合があります。

2ヶ月目

  • 腫れや内出血がほとんどなくなります。
  • 二重のラインが徐々に濃くなり、左右差が小さくなります。

3ヶ月目

  • 二重のラインが安定し、自然な仕上がりになります。
  • ただし、まれに完全に定着していない場合があります。

4ヶ月目以降

  • 二重のラインが完全に定着します。

もし、3ヶ月経っても二重のラインが安定していない、左右差があるなどの気になる症状がある場合は、TCBクリニックに相談してください。

TCB式1dayクイックアイで理想の二重まぶたを手に入れるためには、施術後の過ごし方だけでなく、二重が完成するまでの期間もしっかりと理解しておくことが大切です。

二重が完全に完成するまでには数ヶ月かかることを理解しておきましょう。施術後は医師の指示を守り、適切なアフターケアを行うことで、理想の二重まぶたを長く楽しむことができます。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムで良くある質問

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムで良くある質問をまとめました。

ダウンタイムを短くするには、幹部を冷やす事、また、術後2日間経過すれば、ダウンタイム中でもメイクが可能です。

TCB式1dayクイックアイは、他の二重埋没法に比べると、ダウンタイムが短い施術です。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムを短くする方法は?

TCB式1dayクイックアイの施術当日は、飲酒・運動・長時間のパソコンやスマホ・読書などの目に負担がかかる行為は控えましょう。

また、術後数日間は保冷剤や凍ったタオルで患部を冷やすと、ダウンタイムを抑えられます。

TCB式1dayクイックアイはダウンタイム中にメイクはできますか?

TCB式1dayクイックアイは通常、術後2日間経過すれば、ダウンタイム中でもメイクが可能です。

シークレットオプションという、まぶたの表面に針を通さずに施術を行うオプションを利用することで、施術直後からメイクが可能となります。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイム中に気になる症状時の対処法は?

TCB式1dayクイックアイの施術当日は、まぶたの腫れ、手術跡(内出血)、違和感やゴロゴロ感が気になるかもしれません。ただ、ダウンタイムが経過すれば、徐々に収まっていきます。

収まらない場合は、術後カウンセリングをおすすめします。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムは他の二重埋没法と比べてどうですか?

TCB式1dayクイックアイは、術後のまぶたの腫れが少なくなるよう、使用する器具にもこだわっています。

なので、他の二重埋没法に比べると、ダウンタイムが短くなります。

TCB式1dayクイックアイのダウンタイムまとめ

TCB式1dayクイックアイは、ダウンタイムが短く、自然な仕上がりになる二重整形メニューです。

しかし、二重が完全に完成するまでには数ヶ月かかることを理解しておきましょう。

施術後は医師の指示を守り、適切なアフターケアを行うことで、理想の二重まぶたを長く楽しむことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次